眉毛カットの仕方
眉毛カットの仕方とか眉毛の手入れの方法なんかを書いてみました。最低限のお手入れ方法について書いてみましたので、なんかの参考にしていただけるとうれしいです。

スポンサード リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
眉毛の手入れ
眉毛の手入を欠かすことはできません。私は、眉毛が濃いほうで、眉毛の手入を怠ると、すぐにゲジゲジになってしまうからです。眉毛の薄い人に言わせると、手入するほど毛がほしいそうですが、眉毛の手入をしなければ、どうしようもない顔になってしまうのも、困りものです。

眉毛の手入をしないと、私の顔は情けない顔になります。八の字眉毛だからです。だから眉毛の手入はこまめにやっています。眉の薄い人は、毛抜きで抜いてしまうと生えてこなくなるとおっしゃっているのですが、私はいくら抜いても生えてきます。だから、眉毛の手入は、もっぱら毛抜きとハサミを使ってやります。でも、八の字眉毛なので、眉山を高くすると、その先がなくなってしまうのです。ですから、ペンシルも眉毛の手入には欠かせません。

どうせ濃いのなら、ペンシルの必要がないほど生えていればいいのにと思います。けれども、ほしくないところに眉毛があり、ほしいところにないものですから、眉毛の手入が欠かせないというわけです。

というわけで眉毛の手入は、ほとんど毎日行います。毛抜きで抜くのは、痛いのでは?と言う人もいるのですが、慣れると、そんなに痛いものではありません。太い眉毛は、抜けた時に快感なので、手入をするのも楽しくなります。ただ一つ、眉毛の手入で困っていることと言えば、ペンシルがすぐとれてしまうことです。
スポンサーサイト

テーマ:おしゃれ&かわいいもの日記 - ジャンル:ファッション・ブランド

【2007/12/20 04:33】 | 眉毛カット |
記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

最近のトラックバック

ポリシー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。